リーボックコンプレッション評価 体験談例やラインナップ紹介

コンプレッションウェアトップ

WOR、ワンシリーズ、ACTIVCHILL。リーボックの独自技術の効果はどれほどでしょうか?

着圧インナーにはあまり知られていませんが、メリットとデメリットがあるのです。口コミや詳しい解説します。

 

他のメーカーと比較するとオリジナリティはあるな。でもここがちょっとというところがあったよ

トウマ細マッチョ標準

加圧シャツだとハードトレーニング向きだね。他にももっと良いものがありそう

ユイ女性レディース標準

基本データ評価

※効果は個人差あります

 

おすすめ度 55点
評価ポイント評価ポイント
総合評価     C
サイズ      B
着心地      C
加圧力      C
割引       なし
女性向け     ◯

 

他の着圧シャツと比較どこがいい

比較評価ポイントどこイギリスシューズメーカー
独自の存在感

 

比較評価ポイントどこ価格は高くて
やや高級モデル

リーボックコンプレッション
価格(税抜き)
約4000~8000円
ショップによる
セット割引
なし
サイズ
XS、S、M、L、O、XO、2XO、3XO
材質
ポリエステル、ポリウレタン
メーカー名
Reebok
製造国
フィリピン、ベトナム等
Reebokはイギリスでシューズなどが有名。着圧インナーでは数種類。ワンシリーズ、WORシリーズなど。カラーやサイズなどが不明。性能面では標準的。身長は2XSの150cmから5XOの200cmまで。モデルによってサイズが違うため要確認。アクティブチルのモデルも一部あり

リーボックコンプレッションはこんな人におすすめ

  • 他にはないデザインが欲しい
  • Reebokブランドが好きだ
  • スポーツよりワークアウト
  • 高くても良いものが欲しい
  • グラフィカルなインナー買いたい
  • 上下セットで買いたい

ラインナップ

ワンシリーズ

リーボックワンシリーズ

ポリエステル86%、ポリウレタン9%

リーボックのワンシリーズはLT COMPというネームもあります。これはライトウェイトでコンプレッション。

普通のインナーと違うところは、脇の部分のメッシュ加工。袖から脇、裾のところまでカバーしていて通気性や速乾性に優れています。

ストレッチメッシュで伸縮性もある。ただ縫合部分が多くなるため、特に大柄な人では縫い目が伸びたり破れやすくなることもあります。

普通のナイロンや綿よりも軽い素材です。ポリエステルの皮膚感覚。ベタつきはそれほどなく、汗を吸収して乾きやすくなっています。

汗の量が増えるとさすがに限界を超えてしずくがたれはじめますが、少しの汗では乾きやすさに違いを感じるはずです。

ワンシリーズはグラフィカルで、左右非対称のオリジナルデザイン。単色ではなく複雑な色柄、配色がユニーク。単色のグレーやブラックもありますが、メッシュ部分の色違いなどバリエーション豊富。

ロングスリーブ、ショートスリーブといくつかモデルがあります。半袖モデルは袖が特に短いのでめくれ上がることも。長袖ではオールシーズン対応。寒さをいくらか和らげます。

アクティブチルという、吸水速乾性の高いモデルもあります。二酸化チタンや断面の多い生地を使っていて冷感タイプのものです。

WOR

WOR-WORK-OUT

ポリエステル84%、ポリウレタン16%

ビーボックのWORは「workout-ready-stacked-logo-solid-compression 」。

筋トレやジムトレで使いやすいモデルです。ワンシリーズよりも定価は安いですが、ショップにもよります。

シンプルな「Reebok」のロゴデザイン。ワークアウト向けでややハードなプレッシャーを感じるモデルです。

ポリウレタンが多いことで伸縮性は高い。サイズが違っていても適度に伸びることで体にフィットします。

ワンシリーズと比較すると、特殊な加工や縫製はないのでエントリーモデルでもあります。

サイズは日本人からするとやや大きく感じるため、バストやウエストなどの表記を確認しておくとよいでしょう。リーボックの公式サイトやショップのサイズ表などです。

タイツ

コンプレッションタイツ

ポリエステル86%、ポリウレタン14%

グラフィックが多彩。トレーニング以外でも着られるほどのデザインが特徴的。

リーボックタイツは独自のストライプで立体構造。普通のタイツとは違い、いくつかの面のつぎ合わせになっています。

縫合部分が増えて一体成型ではないので、破れや縫い目の伸びなども要注意。

着丈が長いのでサイズ感には特に注意したいモデルです。コンプレッションでのフィット感、血流に影響を与えるのでさまざまな効果を期待されているものです。

サポーターのような構造と、着圧タイツの効果。足をスレンダーに見せて、筋肉のブレを低減。ジョギングやウォーキングなどに向くものです。

レディース

レディースリーボックウーマンズ

ポリエステル86%、ポリウレタン14%

リーボックは女性を応援しています。ラインナップにはスポーツブラ、2in1のショーツなどがあります。

油絵のようなグラフィックが特徴的。他のメーカーにはない色柄物です。

コンプレッションとしてはスパンデックスがやや高いことで伸縮性が強くて硬め。女性でもハードトレーニングした人におすすめです。

インナーブリーフでタイツとパンツのセット。そのまま履くよりパンツを着られる。

サイズは女性用に合わせてあります。シングルジャージーで素材はモデルによって多少の違いがあるものです。

 

今すぐ買うならこちら
Amazonで買う
楽天ポイント買うならこちら
楽天市場で買う
あの新庄が驚いた!
↓今すぐネット通販↓

>>詳しいレビューこちら

体験者の口コミ

Amazon評価

 

もっと小さくてよかった。I think a small would’ve been better but the reviews say the small is too big too.

使った人の感想の例抜粋

圧迫感は個人差あると思います。サイズが合うかですけど、お腹や胸が大きい人だとワンサイズ大きめが良いかもしれません。コンプレッションなのでキツさはあります

体験談の例

袖がきつすぎる。丈も長いので長袖だと手が隠れるほど長い。普通のTシャツかインナーと思っていたが、予想よりきつかった

使った人の感想の例抜粋

体型が合っているとピッタリ。圧はもっと強くてもいいと思ってます。身長や体重だけだと正確にわからないので、胸囲や胴囲などもチャックしたほうがいいでしょう

体験談の例

デザインに引かれて購入。作りは悪くはない。フィットするという話だったが、お腹周りはゆるく感じて隙間がある。60キロだったからだろうか

使った人の感想の例抜粋

タイツとかロングスリーブの丈が長いです。外国人の人向けなんでしょうか?身長だけで買うと後悔します

中高年の感想

リーボックのロゴがはがれおちる。プリントだった。洗濯する時に気を使うし、手洗いしたほうがよかったのか。

体験談の例

 

筆者の感想

他のメーカー品だと子供用ある。リーボックはシンプルでグラフィックが優れている。

コンプレッションシャツはメーカー選びも大事ですが、サイズ選びももっと大切なポイントです。

ポリウレタンの量だけでは、性能はわからない。もっとスパンデックスが多いメーカーもあるのです。

加圧シャツだとハードトレーニングのお供に。ボディビルダーも愛用するというもので、コンプレッションとは違った性能を出しています。

メリット・デメリット

メリット

  • アクティブチルなど特殊素材
  • 冷感モデルもある
  • モデルによって特徴が違う
  • 素材や作りは良い
  • シンプルカラーと独創的デザイン
  • オールシーズン対応
  • スポーティな気分になる

 

デメリット

  • 圧迫感はやや強い
  • 加圧シャツよりは弱い
  • 日本でのユーザーが少ない
  • 口コミ件数や知名度が少ない
  • 疲労回復やケガ防止効果は高くはない
  • パフォーマンスは元々の体力しだい

 

プロスポーツマンやトレーナーから支持されるのがリーボックコンプレッションです。普通の人がちょっと運動するには、硬さを感じたり着心地の悪さから評価が低くなることも。

体験談で評価が高いのは、アスリート。一般の人に向いているのは他かもしれません。

リーボックのメリットは、イギリスメーカーの独自の製造技術。デメリットは日本だとズレを感じるところです。

 

他コンプレッションシャツ比較こちら

 

インナー太い
お騒がせで話題沸騰中の正体とは?
>>加圧シャツとはこちら
タイトルとURLをコピーしました