バイオギア加圧シャツとの比較 評価ポイントはどこ

アンダーウェア注意警告
加圧シャツ販売終了?
有名な金剛筋がもう買えない
生産体制に異常発生。他のメーカーもどうなる?売り切れ、生産終了にご注意ください。終了についてくわしく
アンダーウェア注意警告
加圧シャツ販売終了?
有名な金剛筋がもう買えない
生産体制に異常発生。他のメーカーもどうなる?売り切れ、生産終了にご注意ください。終了についてくわしく

ミズノバイオギアは加圧効果ある?中高年でお腹周りが気になる人。本気で筋肉つけたい人だったら、バイオギアはおすすめしません。水着を着て寝る人はいませんね。使い方があっていないとまったくのムダ!コンプレッションウェアがなぜ加圧効果がないか、説明しましょう。

 

基本データ評価

バイオギアSNS着た人体験

※筆者ではありません
※効果は個人差あります

 

おすすめ度 65点
評価ポイント評価ポイント評価ポイント
総合評価     C
サイズ      A
着心地      B
加圧力      C
割引       なし
女性向け     ◯

 

他の加圧シャツと比較どこがいい

比較評価ポイントどこ有名メーカーの知名度
高くても許される

 

比較評価ポイントどこスポーツマン向け
ガチトレーニング鍛える

バイオギアコンプレッション
価格(税抜き)
約3800~16200円
ショップによる
セット割引
なし
サイズ
S、M、L、XL
材質
ポリエステル91%、合成繊維5%、ポリウレタン4%
メーカー名
株式会社ミズノ
製造国
インドネシア、中国、ベトナム製
一種類ではない。ブレスサーモ、ユニセックスなど数種類あり。子供用、女性用、タイツ、ソックス、スパッツなどバリエーション豊富。色はブラックとホワイトとネイビー等。サイズは種類によって異なる。

ラインナップ

BG7000T

ポリエステル84%、ポリウレタン16%

体幹や肩甲骨をサポート。独自のベルト設計で背中から上腕までの筋肉と骨格をキープ。メッシュ加工がされていて、普通のバイオギアとは通気性などが違います。メンズ用のノースリーブ、半袖、長袖などがあります。レディース用も市販されていますが、価格は通常バイオギアよりも高くなります。色は黒、白とシンプルです。160cmから180cmまで対応します。

 

ハイネック長袖

A60BS250
ポリエステル79%、ポリウレタン12%、ポリプロピレン9%

テクノタッチWDというバイオギア独自の新素材。汗水の吸収性や速乾性が優れています。バイオギアの中でも冬用に向いています。袖丈が長いので、手首までサポート。ポリウレタンが使われているので、伸縮性に優れています。伸びるので、小さいサイズでもきつくなく、体にフィットします。インナーとしても、スポーツウェアとしても使えます。スポーツ時の筋肉をサポートするコンプレッションウェアです。ポリエステル素材のため、肌触りではやや違和感を感じるでしょう。

 

丸首半袖

A60BS356
ポリエステル84%、ポリウレタン16%

半袖のトレーニングウェアです。肌着よりはスポーツ専用設計。野球やサッカーなどのスポーツ時に着るものです。ミズノ独自の第なモーションフィット、UVプロテクションが特徴的。カラーバリエーションは白、黒、青、赤などがあります。襟元がしまっているため、アタマが入りにくいところがあります。

 

ジュニアハイネック長袖

A35BS250
ポリエステル79%、ポリウレタン12%、ポリプロピレン9%

色は黒と白の二種類。子供用で身長130cm~160cmまで対応します。テクノタッチWD、骨格コントロールされていて、BGシリーズならではの機能性があります。

 

BGタイツ

ナイロン80%、ポリウレタン20%

スポーツ用のインナーレギンスです。BG9000は足全体サポートで軽量型。BG8000はサポート力重視。BG8000Ⅱは腰から太もも、ふくらはぎまでサポート。BG5000Ⅱは体幹とひざをメッシュ加工で強力サポート。BG3000Rはレディース用設計のタイツです。ほかサポーターがあります。骨盤矯正やUVカット、怪我の予防として着るものです。球技からランニングまで対応します。

 

 

バイオギアはこんな人におすすめ

  • プロスポーツ選手
  • 本格的なアスリート
  • 冬用のインナーが欲しい
  • ハイネック防寒用が必要
  • 減量よりもパフォーマンスアップ
  • スポーツ時の成績を上げたい

 

アンダーアーマーとの比較

アンダーアーマーコンプレッション

 

類似品のコンプレッションウェア「アンダーアーマー」とでは、ラインナップの豊富さが特徴です。

バイオギアはBG7000Tが最高クラスで、比較してみると着心地や快適性などが重視です。

プレスサーモは保温と消臭力重視。VネックやUネックではなく、ハイネックに近いので、オールシーズン対応です。

加圧シャツだと、快適過ぎると筋力トレーニングにならない。気持ち良いということは、筋肉が疲れていないということ。

加圧シャツの強い圧迫感だと、着ているだけでも疲れて肉体疲労を感じます。

バイオギアは運動する時の筋肉のブレやパフォーマンスダウンを防ぐものです。

他の加圧シャツとの比較こちら

 

項目着圧シャツ加圧シャツ
価格2,000~30,000円2,000~5,000円
目的運動能力向上筋トレ 減量 姿勢矯正
使用運動時日常時
圧力緩い緩い~やや強い
着用感ピッタリピッタリ~キツイ
スポーツ時動きやすい動きにくい
メーカー多数少数
サイズ多 男女有少 男女有
ラインナップ多い少ない

 

着てみて比較ランキング
比較おすすめランキング1位比較おすすめランキング2位比較おすすめランキング3位
マッスルプレスタンクトップボクサープレスバルクアップアーマープロ
マッスルプレスタンクトップ
3,900円
3,980円
3,780円
きつい
ゆったり
ピッタリ
小柄な人向け
大柄な人向け
中間的
加圧力スゴイ
着やすい
フィット感

体験者の口コミ

バイオギア体験者感想評価
バイオギアコンプレッションシャツ口コミ評判

 

コンプレッションだと圧力が弱い。加圧とは違う

使った人の感想の例抜粋

ミズノ製だと細かい部分が違いますね。破れにくいし、縫い目のところか高品質で長く使えそうです

体験談の例

普通のインナーシャツなのでダイエットとか筋トレ向きではないのかなと思った。加圧トレーニングが筋トレになるのか。いくつか加圧シャツを買ってみて比較したい

使った人の感想の例抜粋

1万円以上するので、スポーツインナーとしては高いかな。毎日使うには5万円くらいかかるし、スポーツの時に着ると汚れやすいので洗濯しないといけない

体験談の例

圧迫感が少ないので、運動向き。でも筋肉つけたいなら、運動だけではダメみたいですよ。似たような加圧シャツはいくつもあるのでどれが効果があるのか気になります。

使った人の感想の例抜粋

年をとってくると運動で怪我をしないか心配。加圧シャツの方は中高年向きと聞いたのだが、ミズノバイオギアは若い人向けなのだろうか

中高年の感想

冬用のインナーとしても暖かさを感じますね。夏でも暑苦しくない。BG7000Tは特に価格が高いけど、アスリートにはおすすめ。

体験談の例

 

筆者の感想

普通の人には、コンプレッションウェアよりも加圧シャツ

 

加圧シャツコンプレッション比較

 

ハードトレーニングしなくても、筋トレになる。圧迫感が強いので、見た目がスリムでかっこよくなる。

土日しか運動しない人だったら、マッスルプレスタンクトップボクサープレスのような加圧シャツがおすすめです。

会社員のサルコペニア。最近太ってきて、もう一度引き締まった体を取り戻したい。

過酷なトレーニングをしないで、体に負担をかけないのが加圧シャツです。

バイオギアは限界まで筋肉を酷使しないと筋力アップができない。

比較してみて違いがわかります。

 

女性用加圧シャツ

メリット・デメリット

メリット

  • スポーツならミズノ
  • メーカーの評判
  • 最高級クラスの価格
  • プロアスリートから好評
  • ラインナップが豊富
  • 水着やショーツなどもある
  • 日本メーカーで安心

 

デメリット

  • アスリート向けで一般人向けでない
  • 圧迫感が弱い
  • トレーニングは努力しだい
  • 着ているだけだと効果はなし
  • コンプレッションの目的が違う
  • 価格が高い

 

プレスサーモは体の冷えを防ぎます。スポーツ選手の意見を取り入れているので、一般人の要望とは違うのです。

日常生活で使うなら、使い勝手やトレーニング効果が大切です。

ミズノバイオギアのメリットはよく伸びるので、インナーとして使いやすいこと。デメリットは普通のシャツとしては高級過ぎることです。

子供、学生用としてはサイズが合うでしょう。

お腹ポッコリしてきた中年男性だと、お腹が苦しくて、見た目が悪くなります。

体型があっているか。身長、体重のサイズよりも、体型です。

お腹だけが突き出ているメタボ体型。普通のコンプレッションウェアよりも加圧シャツが良いでしょう。

加圧シャツとしての評価

◆加圧シャツ
加圧シャツ着てみた感想

  • 中高年向き
  • 最近太ってきた
  • 医者から体脂肪を落とすように言われた
  • BMI指数が25以上
  • 筋肉よりも体重を落としたい
  • 筋トレする時間がない
  • ジム通いや運動する機会がとれない

 

◆バイオギア
ミズノバイオギアハイネックインナー

  • スポーツ成績を上げたい
  • 運動後の疲労感に影響
  • 部活やクラブ活動向き
  • 加圧ではなく着圧
  • 減量、筋トレ効果そのものはない

 

バイオギアはYシャツの下に着たりはしません。肌着や防寒服としては高級すぎてコストパーフォーマンスは悪いでしょう。

加圧シャツは毎日着ていてもおかしくないもの。価格はバイオギアと同じかそれ以下になります。

加圧トレーニングと、普通のウエイトトレーニングは違います。

バイオギアでは加圧とは違った圧力の掛け方です。

 

インナー太い
お騒がせで話題沸騰中の正体とは?
>>加圧シャツとはこちら
タイトルとURLをコピーしました